サマータイムについて

おはようございます。こんにちは。こんばんは!
メンサーのチャイスケです!

今話題のサマータイム

東京オリンピックのために導入されるのかどうか!?

というのがテレビやネットで話題になっています。

今まで特に考えたこともなかったので、

情報収集&思考してみました。

サマータイムの導入理由(メリット)

ご存知の通り、サマータイムは既に多くの国で導入されています。

その理由は主に以下のようです。

①:起きている間の明るい時間を増やすことで省エネルギーになる(照明やエアコンなど)

②:明るい時間を有効利用できて活動時間が増える

③:②の結果、経済的効果がある

(個人的には②の意味がよくわかりませんが、それについては後ほど述べます)

サマータイムを導入している国

実際に導入している国(地域)は結構あります。

60カ国ほどあるそうです。

1/3くらいの国が実施していると考えると結構多い気がします。

※参考
https://www.time-j.net/uc/dst/

導入するデメリット

デメリットとしては主に、

・時間がずれることによる健康被害

・システムの改修コストがかかる

が挙げられているそうです。

日本で導入するとしたら

日本で導入するメリット・デメリットは、

基本的には上述したものと変わりません。

ただ、

今回、議論にあがっているの(メリットとして追加されているの)は、

東京オリンピックの暑さ対策が主な理由のようです。

サマータイムで2時間早くすれば、

もともと7時開始予定だった競技を実質5時から始めることができます。

そうすれば気温が上がりすぎる前に競技を終えることができます。

当然、

競技時間を早くすればいいだけでは?

という疑問はありますが、

アメリカの放送時間との兼ね合いなど、色々とあると言われています。

実際のところどうかはわかりませんが。。。

所感

サマータイムを導入する意味が個人的にはよくわかりません。

が、例えば、

会社単位や個人単位でサマータイム(勤務時間を早める)を勝手に導入するのはありなのかな

という所感です。

導入する会社と導入しない会社が混在することで、

通勤ラッシュなども緩和されそうですし。

「サマータイムの導入理由」のところで書いた①~③

それぞれについて所感を書いていきます。

①「省エネルギーになる」について

こちらについてはそうなのかな、と思います。

ただ、そのメリットがどのくらいなのかはちょっとわからないです。。。

最近の夏は暑いので寝ている間もエアコンかけますし、、、

エアコンはともかく、照明はそこまでエネルギー使わないですし、、、

ただ、

「少しでもメリットがあるのならばやるべきだ!」

というのであれば、それ自体を否定するつもりはないです。

②「明るい時間を有効利用できて活動時間が増える」について

これはよくわからないですw

別に明るいからって活動時間増えなくないですか?w

普通に暗かったら電気つけますし、

「暗くなったから帰ろう」とはならないです。

もしかしたら小学生は「暗くなったから帰ろう」はあるかもですね!?

僕が都会っ子だからなのでしょうか・・・?

この意見の意図を捉え損ねている可能性もあるので、

「こういう意味だよ」

とかあれば教えてください。

③「②の結果、経済的効果がある」について

②の意味がわからなかったので、

③も基本的にはよくわからないです。。。

ただ、

②とは別に経済効果があるとかはあるかもですね。

サラリーマンが帰り道、

「まだ明るいからなんか買っていくか?」

ってなるとか・・・!?

・・・ちょっとよくわからないですがw

と、いうことで、

①のメリットはあるもののそこまでインパクトは大きくないと感じています。

それに比べ、

デメリット(健康被害・改修コスト)の方が大きそうです。

データがあるわけではないので完全なる感覚ですが!笑

まとめ

サマータイムのメリット

・起きている間の明るい時間を増やすことで省エネルギーになる(照明やエアコンなど)
・明るい時間を有効利用できて活動時間が増える
・その結果、経済的効果がある

サマータイムのデメリット

・時間がずれることによる健康被害
・システムの改修コストがかかる

実際に導入する必要ある?(チャイスケの見解)

別にしなくて良いんじゃない?

こんな感じです。

お読みいただきありがとうございました!

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする