【剣道】番外編:有効打突についての面白い考察

おはようございます。こんにちは。こんばんは!
メンサーのチャイスケです!

 

前回、以下のような記事を書きました。

剣道をアップデートする3つの方法

この記事を書くにあたり、
ネットで剣道について色々と情報収集していたところ、
「面白いな!」と思った記事を発見しましたので紹介します!

 


打突は物理判定か裁量判定か?

物理判定と裁量判定

このブログ↑では、
「物理判定」と「裁量判定」という言葉を使用しています。

・物理判定とは、物理的に測ることが可能な事象により判定することを指します。
・裁量判定とは、物理的に測ることができない事象を審判員が与えられた裁量の範囲内で判定することを指します。

そして、「打突」を「裁量判定」と分類し、以下のように言っています。

打突そのものの物理的接触や力の強弱よりも、打突機会および打突に至るまでのプロセスが重視されてこその剣道だと思うのです。
極論、日本剣道形の三本目のような、非接触打突も一本と判定できる余地を残しておくためにも、打突は裁量判定であるべきではないでしょうか。

つまり、非接触打突も一本と認めるということです。

 

チャイスケは今まで「打突」は接触を前提で考えていました。

違う意見もあるというのは斬新でしたし、
言っていることは一理あるなと思い、
改めて有効打突について考えるきっかけになりました。

ありがとうございます。

 

とはいえ、
打突は接触が前提という意見は変わっていないです(笑)

ここで勘違いしてほしくないのは、これは、
「打突」を完全に物理判定と捉えているわけではないということです。

「打突」は物理的に当たったことを前提として、裁量判定的な要素もある

ということです。

例えば、
(少なくとも現在の剣道では)打ちの強さなどは定量的に測ることができないため、
審判の裁量判定的な要素が入ってくることは否定できないです。

 

「打突」の定義

ブログ内では、
打突を裁量判定としている理由を、

剣道試合審判規則ならびに細則に「打突」についての定義が明記されていない

としています。

ただ、
剣道試合審判規則ならびに細則で「打突」を定義するってどうなんでしょう?

「打つこと」

とか、

「接触させること」

とか、もしくは、

「ある程度の強さで打つこと」

とか定義するのでしょうか?

・・・なんか間抜けな感じがしてしまいます。

「打突」って、
もう分解できない言葉
一般的に認知されている言葉
として扱っているのかな、とチャイスケは考えます。

その中で、
「打突」の物理的強さ
「打突」にいたるプロセス的ななにか

など「打突の一部」を裁量的に判断する
ということなのかなと考えます。

 

また、有効打突の定義では、

竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し

と言っています。

仮に、「打突」を裁量判定としたところで、

例えば、「ヒジを打突」した場合に、
「打突部位を打突した」とはさすがに言えないと思います。

 

以上より、

「打突」は当たることを前提で考えていいのかなと考えています。

※甚之介さん、急にチャイスケというよくわからない人から反論がいってしまいすみません・・・笑

 

まとめ

チャイスケの意見をまとめておきます。

「打突」は、、、

物理的に当てることを前提として、
(打ちの強さなど)裁量判定的な要素もある

という意見です。

 

お読みいただきありがとうございました!

ではでは!

剣道をアップデートする3つの方法

おはようございます。こんにちは。こんばんは!
メンサーのチャイスケです!

 

今回も剣道についてです!

前回の記事⇓で、

【剣道】剣道について哲学しよう ~剣道の課題点・イケてない点まとめ~

剣道のイケてない点を挙げました。

それを改善していく案はいくつかあると思います。

 

例えば、
もう既に剣道界が進めていることとしては、
審判員の審判力の向上などです。

もちろん審判力の向上は大切なことです。

ただ、

「竹刀が早すぎて見えない。」

といった課題を解決するにはそれだけでは足りないように感じます。

誰がなんと言おうと、人間の目には竹刀は早すぎて見えないですw

 

そこで、
チャイスケが今後やっていくべき、
と考えていること3つを述べていきます。

 

①ビデオ判定の導入

前回の記事からちょいちょい言及していますが、
ビデオ判定を一回導入してみるべきだと思います。

剣道界では否定派が結構います。

否定派が主張している懸念点があることは重々承知していますが、

当たっていないのに一本になる問題

という、
重要度の高い課題を解決する(緩和する)可能性を秘めています。

とりあえず一回導入してみて、
どんな感じになるのか試してみると良いと思います。

大きな課題があるのに、
リスクばかり考えて何もしないのは良くないです。

ぐだぐだ考えていないで実際に行動し、
必要があれば修正していきましょう!

 

ジョージアのCMでも山田孝之がこう言っています。

「社長、リスクを恐れてやらない事のほうが失敗です」

https://www.bb-navi.com/cm-douga/CMyamadatakayuki.68063.html

 

・・・冗談はさておきw

幸いにも韓国が一足先に導入している先例があるため、
導入の障壁は低いはずです。

韓国の事例を参考にし、日本流にアレンジしましょう。

 

 

②有効打突の定義・基準を明確にする

以前の記事⇓でも言及しましたが、

剣道は武道だからビデオ判定は不要とか言ってるIQ3のやつ出てこい

【剣道】剣道について哲学しよう ~剣道の課題点・イケてない点まとめ~

ビデオ判定を導入するよりも、

有効打突の定義・基準を明確にする

ことの方が優先度は高いです。

 

有効打突の定義・基準が曖昧であれば、
いくらビデオ判定を導入しても有効打突を判断できないです。

 

まあ、、

そもそも有効打突の定義・基準が曖昧な状態であれば、

人間でも審判できないはずなのですが・・・w

 

もし有効打突の定義・基準を明確にする活動している団体などあれば、
可能であればお話したいですし、
お手伝いできることがあればお手伝いしたいです。

ご存知の方はコメントくださいm(__)m

 

③ディープラーニングで有効打突を学習させる

①や②とも関わる部分もありますが、

ディープラーニングで有効打突を学習させる

と面白いんじゃないかな、と考えています。

 

例えば、

過去の実際の試合での判定から有効打突を学習させる

とかでしょうか。

過去の試合の判定から有効打突を学習させるとヘンテコな判定になりそうなだと期待しているのは内緒ですw

 

最終的には動画から学習できるといいと考えていますが、
ちょっと大変なので、まずは画像からかなと考えています。

もし動画でできると、
ビデオ判定反対派が気にしている
有効打突に至るまでの攻め合いなども考慮できる可能性があり、
夢は広がります。

 

チャイスケがこれからディープラーニングを学んでいく(少し前から学び始めた)ため、

完成まではもうしばらく時間がかかりそうですが、、、
頑張ってディープラーニング勉強します!笑

 

ということで、

ディープラーニングに詳しいよって方、

協力してくれるよって方、

既にディープラーニングで有効打突を深掘っていく活動を知っているよって方、

はコメントくださると大変ありがたいですm(__)m

 

お読みいただきありがとうございました!

ではでは!

虫歯治療ってこんな高いの!?

おはようございます。こんにちは。こんばんは!
メンサーのチャイスケです!

 

先日、堀江貴文さんの「健康の結論」
https://amzn.to/2N3oTas

を読み、歯を治療しようと思いたち、

歯医者さんに行ってきました。

以前から、「虫歯あるなぁ」とはわかっていたものの、

痛みもないしで後回しにしてしまっていました。

 

後回しにしていたことを絶賛後悔中です(´;ω;`)

 

診断結果

気になる診断結果ですが、

見事虫歯が結構見つかりました。

自分の名誉のために具体的な数字は伏せますが、結構の数でした。。。

神経を抜かなければいけないほどの虫歯はなかったのはよかったです。

 

ただ、ついでに親知らずが生えていることも判明し、

ガン萎え中です。。

親知らずは1本だったのは幸いです。

 

治療内容

簡易な治療(簡単な被せ物)で済む歯もありましたが、

歯と歯の間の歯茎に近い部分の虫歯治療は自費診療となり高額でした。

 

銀歯にすれば保険診療で行うことができてそこまで高くないですが

私はセラミックを使うことにしました。

セラミックだと、なんと、

歯1本で5万円っ(驚)

高いですね。。。

虫歯1本につき数千円で済むと思っていたチャイスケは顔が引きつりましたw

 

銀歯かセラミックか選ぶように先生に言われた際、

「今決められなかったら次回までに決めてもらうでも大丈夫ですよ」

と言ってもらいましたが、

もう一生虫歯にならないことを誓い、その場でセラミックを選択しました。

気合の選択っ!

 

※一応補足しておくと、

セラミックの方が見た目もいいですし(ほとんど目立たない)、

耐久性も良く、再発可能性も低いそうです。

 

医療費控除

虫歯治療が思ったよりも3億倍も高くて泣きそうですが、

医療費控除の制度を使えば、確定申告時にお金が返ってくるのでそれを使います。

 

税金とか、お金関係のことは結構詳しいつもりでいましたが、

医療費控除については最初は頭になかったです。

虫歯治療について調べている際に気付きました。

危うく領収書を捨てるところでしたw

皆さまもお気をつけください。

 

感想・まとめ

虫歯の数自体はある程度想定していたのでびっくりしませんでしたが、

虫歯治療費が高くてびっくりしました。

一生、歯を大切にしていきます。

 

今回虫歯が神経に届く前に治療に取り掛かれたのはよかったです。

歯の治療にいくきっかけを与えてくれた堀江貴文さんに感謝です笑

 

記事を書くにあたり、虫歯治療について調べてみたのですが、

現在は「削らない治療」「抜かない治療」という流れになっているそうです。

なるべく自分の歯を残そうということですね。

 

ほとんどの歯医者さんは大丈夫かとは思いますが、

患者のことを考えていない歯医者さんに当たってしまうと、

悪質な治療をされ、QOLが下がる可能性があります。

この記事を読むくらい虫歯について興味がある人は、

その辺り調べてみるとよいかと思います!

 

お読みいただきありがとうございました!

ではでは!

結婚式を挙げるとか思考停止じゃない?

おはようございます。こんにちは。こんばんは!
メンサーのチャイスケです!

 

巷で行われている
「一般的な」結婚式への不満を綴っていこうと思います。

 

最初に、一貫性を保つため、ここでは

結婚式=挙式 + 結婚披露宴

として話を進めます。

 

結婚式ってなんで挙げてる?

「一般的」には結婚式は

結婚の誓いや報告」「新郎新婦をお披露目」が目的とされています。

 

(上述、もしくはその他の)目的意識もなく、

ただ「みんながやっているから」

とか、

「そういうものだから」

という理由で結婚式を挙げている人はここでは論外です。

目的意識を持って行動しましょう。

 

 

さて、

「結婚の誓いや報告」「新郎新婦をお披露目」という目的意識をちゃんと持っている方についてもう少し深掘りしていきましょう。

 

「結婚の誓いや報告」「お披露目」をするのに、

本当に「一般的に」行われているその形式で結婚式は必要でしょうか?

 

もちろん、必要な新郎新婦もあると思います。

ただ、多くの新郎新婦にとって必要なのって

「一般的に」行われているその結婚式なのでしょうか?

 

新郎新婦側は、

結婚式のためにすごく時間をかけて準備してすごく苦労します。

※準備を楽しんでいる新郎新婦もいますが。

 

参列者側は、

数ヶ月前から日程を押さえられてしまいますし、

ご祝儀代3万円かかるわ、当日も時間を取られるわ、で結構大きな負担があります。

 

参列者としては、
結婚式自体は感動すること多いですし、
新郎新婦の晴れ姿を見るのは楽しみでもあります。

また、新郎新婦も結婚式は楽しい思い出となることが多いと思います。

しかし、「一般的な」結婚式じゃなくてもいいんじゃないの?

って思ってしまいます。

 

形式張った格好をして、

形式張ったスピーチを聞き、

形式張ったイベントをやる。

そんなことは結婚式には必要ないのです。

少なくとも参列者側の私的には、

もっと純粋に、ざっくばらんに新郎新婦をお祝いしたいですし、新郎新婦とお話ししたいです。

 

そもそもファーストバイトとか、、あれってなんなんですか?
意味不明です。

由来を知らなかったので調べてみました。
新郎から新婦への一口には「一生食べるものには困らせない」という意味、
新婦から新郎への一口は「一生美味しい料理をつくります」という意味
があるそうです。
これだけ女性差別反対!が叫ばれ、稼ぐのも料理を作るのも夫婦双方の役目だ、
みたいに言われている中でファーストバイトは思考停止でやるのですね。

 

結婚式を「結婚の誓いや報告」「新郎新婦をお披露目」として捉えるならば、

Facebookに結婚しました動画でも流してくれればいいのではないでしょうか?

 

 

チャイスケのただの愚痴

参列者側からしたら、友人のパートナーの昔話とかあまり興味ないし、

ましてや主賓挨拶で仕事の話とかされても1ミリしか興味ありません。

結婚式って感動するタイミングもありますが、

興味ないことしてる時間が多いんですよね。

とはいっても、他人のスピーチ中に

友人と話すことも、スマホを見ることもできません。

そのためなんか時間を奪われている感じがします。

まあ、結婚式って今まで分断されていたコミュニティを一緒くたに集めちゃうので、

当然、退屈な時間が出るもんなんですよね。

なんていうか、色んなコミュニティを全て一緒に集めちゃった感じとかは、

日系の生命保険会社に多い保険(色んな保障が一緒くたになっている保険)のような気持ち悪さですw

 

 

「一般的な」結婚式以外の方法とは?

最近だと、ニーズに合わせて様々な結婚式の形が増えているそうです。

・1.5次会
・二部制ウエディング

などなど

正しい結婚式というのはないですが、

どういった結婚式を目指したいかは人それぞれですので、

気になる方は調べてみてください。

 

よくある結婚式を挙げる理由。へのチャイスケの考え

最後に、
結婚式を挙げる理由の中で主なものを列挙し、
その後にチャイスケの考えを記載したいと思います。

・人生のけじめをつける
・親孝行のため
・祝福してもらいたい。幸せを実感できる
・世間体

参列者の時間とお金を取ったことを認識した上で、新郎新婦がそうしたいなら良いです。
新郎新婦のことは好きだから参列するわけですので。
時間やお金を奪っている認識が薄い新郎新婦が嫌なだけです。

 

・お互いのパートナーを披露する
・お世話になった人をおもてなしする

先程も軽く触れましたが、「一般的な」結婚式以外にも方法あるくないですか?
他の方法と比較検討した結果、そうしたいなら良いです。
こちらも思考停止している人の結婚式に参列するのが嫌なだけです。


 

お読みいただきありがとうございました!

ではでは!

HUB・82のゴールドメンバーズカードを手に入れる方法

おはようございます。こんにちは。こんばんは!
メンサーのチャイスケです!

 

僕が大好きな飲み屋さんの一つである「HUB」「82」。

そのポイントカードにはゴールドカードなるものがあるのを知っていますか?

HUBが好きなあまりゴールドメンバーズカードをゲットしちゃいました。
(随分前ですがwそして写真の撮り方下手くそww)

 

気になるゲットの仕方ですが、

HUBの公式ページなどを見ても入手方法が載っていなそうですので、

入手方法を紹介できればと思います。

 

ゴールドメンバーズカードの2つのメリット

①7%割引になる

普通のメンバーズカードだと5%割引です。

少しだけ、、、、少しだけですが安くなります。

 

②自己満足

ゴールドメンバーズカードを出すたびに、

一種の優越感を味わうことができます。

また、話のネタにもなります。

 

入手方法

各店において月の来店日数が2位以内になる

たったこれだけです。

来店回数ではなく、来店「日数」という点に注意ください。

 

まあ、それが大変なのかなとも思いますが。。。

 

来店日数が2位以内の人にお店側から声を掛けてくれる場合もあるらしいですが、

お店側がどのお客様に声がけをすればよいかを把握するのは難しいのもあり、

自分から申告するのが無難なようです。

 

チャイスケが聞いた話だと、

お店側は入賞した人のカード番号しか把握できていないため、

店員さんと顔見知りになっておかないと声を掛けてもらうことはなさそうです。

小さな店舗だと顔を覚えてもらえそうですが、
大きな店舗だと顔を覚えてもらうのは厳しいですよね。

(入賞したメンバーズカードで会計をすると自動で判別できる仕組みにできそうな気もしますが、詳しくはわからないです)

 

毎日通ったならいざしらず、

自分が上位2位に入っているかもわからないのに、

自分から声かけるのは気が引けるという人は、

12月に挑戦してみてください!

理由はこのあと説明します。

 

 

 

12月は『メンバーラリー』でお得?

毎年12月には、『メンバーラリー』という企画をやっています。

https://www.facebook.com/hub82/photos/a.346154868762386/1760461587331700/?type=3&theater

 

各店舗の来店日数が1、2位の人はプレミアム・ゴールドメンバーズカードがもらえるというものだ!
※冒頭でアップした私のカードはプレミアム・ゴールドメンバーズカードです。
ゴールドメンバーズカードに「MVP」の文字が追加されます。

 

各店舗ごとに回数を数えるので、

当然店舗によって必要な日数が違ってきます。

2017年の結果は以下ですので、参考にしてみてください。

https://www.pub-hub.com/other/hub_2017.htm

店によっては10日行けば大丈夫のところもありますね。

※「HUBチョムチョム秋葉原店」が1位9日、2位8日なのが気になります…w

 

そしてそして、

入賞者は後日、表彰イベントに招待されるのです!

そこではただで飲み放題することができます。

 

会場では、基本は自分が通っていたお店の店長と一緒のテーブルに案内されます。

そして店長と一緒に飲みながら表彰式を行います。

とはいえHUBですので、

他の店舗の店長や、他の受賞者とも混ざり合いながら飲むって感じです。

 

HUBの社長から賞状を受け取り、一緒に写真撮影する人もちらほら。

結構な盛り上がりでした♪

 

チャイスケの感想

HUBが好きな人は是非ゲットするといいかなと思います。

 

まず、HUBに行くたびにゴールドポイントカードを使っている優越感に浸ることができます。

 

また、割引率が(少しだけw)高いので、

カードを持っていない人と一緒に注文しにいくと喜ばれます。

そして、ポイントは自分が貯めることができます笑

 

そしてやっぱり、

なんといっても同じ店に毎日通っていると店長さんと顔なじみになれます。

バーですから、

そうやってコミュニケーション取れるのも一つの楽しみなのかなと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!

ではでは!